鳥取県ユニセフ協会 鳥取県ユニセフ協会

鳥取県ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命と健康を守るために活動しています。

募金・支援

みなさんのご支援がユニセフの原動力
ユニセフは、国連の一機関ですが、国連本体からの財源からは一切資金提供を受けていません。ユニセフの活動は100%、民間から寄せられる募金と、政府から任意に寄せられる資金によって支えられています。
ユニセフの総収入のうち約30%が民間から寄せられています。この中には、多くの個人の方々からの募金が含まれています。
ユニセフは、そうしたお一人お一人のご支援に支えられて、活動を続けています。

募金でできる支援例

graph

募金・支援の種類と方法

鳥取県ユニセフ協会では、以下の募金の受付をしています。詳しくは、お問い合わせください。なお、振込みの際には通信欄に「K1-310 鳥取県」とご記入ください。

【通常募金】

ph02[1]お寄せいただきましたユニセフ通常募金は、ユニセフ本部に拠出され、ユニセフの執行理事会で承認された各国の支援計画と予算に基づき、世界の150以上の国と地域で実施されているユニセフのさまざまな支援事業に配分されます。

  • 日本ユニセフ協会への募金は寄付金控除の対象となります。
  • 窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。
    ATMおよびゆうちょダイレクト(パソコン、携帯、電話、FAX)では送金手数料が免除となりませんのでご注意ください。
口座名義 公益財団法人日本ユニセフ協会
郵便振込口座番号 00190-5-31000
送金手数料 窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。
備考 通信欄には「K1-310 鳥取県」とご記入下さい。

振込み以外の方法はこちら

【緊急募金】

img_volunteer02

ユニセフでは、紛争や予期せぬ自然災害などの緊急事態が発生した際、子どもたちを守る活動を迅速に行っています。当協会でも、ユニセフ本部からの情報に基づいて、その被害状況などに応じて緊急募金を行っています。
お寄せいただきました緊急募金は速やかにユニセフ本部を通して現地事務所に送り、被害にあった子ども達のために活用させていただきます。

現在、受付中の緊急・復興支援募金内容と送金方法についてはこちら

【ハンド・イン・ハンド募金】

hand

ハンドインハンド募金は、1979年の国際児童年にはじまり、どなたでも参加できる募金活動です。手に手をとって”を意味する「ユニセフ ハンド・イン・ハンド」募金の特色は、事前に登録をすれば誰もがユニセフ・ボランティアとして参加できることです。毎年11月〜12月をハンド・イン・ハンド募金月間とし、ユニセフを支援くださる全国のみなさまが、街頭やイベントで職場や学校で、またご家庭の中で、ユニセフ募金活動に工夫を凝らしてくださっています。
一人ひとりの力が日本中に広がり、おおきな力となる募金活動。一緒に世界の子どもたちへ笑顔を届けませんか。今年もぜひ、多くの方々のご参加をお待ちしております。

ハンド・イン・ハンド募金の内容と募金・参加方法についてはこちら

【ユニセフ支援ギフト】

img_volunteer04

ユニセフ支援ギフトとは、ユニセフの支援物資を、途上国の子どもたちにプレゼントするご支援方法です。ワクチン、赤ちゃん体重計、毛布などのユニセフの支援物資をご指定ください。ユニセフがあなたに代わって、子どもたちのもとにお届けします。

ユニセフ支援ギフトの内容と送金方法についてはこちら

【外国コイン募金】

img_volunteer05

あなたの机の中にもきっと眠っているはず。ユニセフ外国コイン募金に協力してください。記念品やお土産にするのも楽しいですが、余ったコインを世界の子どもたちのために役立ててみてはいかがでしょうか。
日本ユニセフ協会では民間企業5社の協力をいただき、こうしたコインを海外に輸送することで活動資金にする「ユニセフ外国コイン募金」を行っています。(※現在流通している通貨のみを受け付けています)

ユニセフ外国コイン募金知りたい内容と送金方法についてはこちら

以上のほかにも、いろいろな募金・支援方法があります。
詳しくは、日本ユニセフ協会のホームページをご覧ください。

その他の募金・支援についてはこち